ペニス増大方法~チントレとペニス増大サプリで短小包茎改善!~

ペニス増大ペニス増大サプリの知識ペニス増大サプリの副作用

ペニス増大サプリの副作用は?

サプリメントと医薬品の境界線が良くわからなく、
一見するとどちらも同じようなものに思えてしまいますが、
ペニス増大サプリのパッケージには、医薬品や医薬部外品とは記載されていません。

それゆえ効果や効能を明記できませんが、
主作用がないかわりに副作用と呼べる症状もないのが普通です。

ペニス増大サプリは医薬品ではなく、健康補助食品に分類されているので、
食品だから副作用もないのです。

ペニス増大サプリには国産品と海外製がありますが、
日本人には、日本で製造されている国産のペニス増大サプリをおすすめします。
日本人の体質や体調を考えて作られているのがまずひとつの理由です。

国産のペニス増大サプリは、海外で人気のサプリも、日本人向けに改良されたり、
日本人がそのまま飲んでも支障ないのか確認がされています。

海外製が劣っているわけではありませんが、
日本ではあまり使われていない成分が含まれている可能性があります。
中には、日本国内承認されていない成分を使用しているサプリもあります。

それぞれの国により使用している成分に違いがありますし、
成分の配合量にも違いがあるのです。

海外製だから危険とは言えませんが、国産よりもリスクは高いです。
特に中国性の製品は、国内では薬品扱いの成分が含まれているとの報告がありますので、
絶対に避けた方が良いでしょう。

逆に、アメリカは日本と同様に厳しい基準がありますので、
安心して服用しても良いサプリです。

効果の方は、どのようなサプリでも相性はあるので口コミの評価が絶対ではありません。
口コミ評価が高い製品は、実感できる確率が高いのですが、
実際に実感できるかどうか確かめるには、飲んでみるしかないのです。

飲用する期間は1ヶ月~3ヶ月以上であり、
1ヶ月では何の変化も感じないことも少なくありません。

2ヶ月も飲んでいれば、勃起の力強さや射精感などに違いを感じられる人が多いです。
もし、3ヶ月飲み続けても何も変化がない場合は、そのサプリは合わないのかもしれません。

すでに食事から十分に摂取している成分に関しては、
サプリで追加摂取をしても意味がないこともあります。
欠乏している成分ほど、短期間で実感できるとも言われています。

増大器具やトレーニングで増大する方法もありますが、
体内からペニスを元気にするならやはりサプリが最適です。

増大させる仕組みは、陰茎海綿体に勢いよく血液を届けることです。
糖尿病や脂質異常症などで血液がドロドロになると、
ペニスの元気もなくなるという方が多いです。

これは勃起力の源である血液がうまく届けられていないからです。
血液がスムーズに循環しなければ、ペニスは半立ち状態になってしまいます。

肥満体型の方はEDの割合が高いですが、
これも血液がドロドロになることが原因だと言われています。

肥満だから必ずしも血液がドロドロとは限りませんが、
平均体重の人と比べるとその確率は高いです。

また、体重増加により運動不足を招き、筋力低下により勃起力が減退することもあります。
ペニス増大サプリは、勃起力を高めることでペニスを大きくするのが目的です。

使用される成分は天然成分やハーブであり、薬効成分は含まれていません。
国内生産やアメリカ製のものであれば、副作用の心配も基本なく、
長期的に飲み続けることができます。

サイズアップをしたあとも、現状維持や勃起力のために、継続的に利用される方が多いのも、
国産のペニス増大サプリの優れた一面かもしれません。

ページのトップへ戻る