ペニス増大方法~チントレとペニス増大サプリで短小包茎改善!~

ペニス増大チントレペニス増大ポンプ

ペニス増大(真空)ポンプとは?

ペニス増大ポンプ(ペニス増大真空ポンプ)は、その名の通り負圧の力を利用して シリンダー内を真空状態にしペニスを大きくしようと言うものです。

パーツは大きく分けると、シリンダー部分とポンプ部分に分かれています。

シリンダーは筒状になっていて、ペニスにかぶせて使います。 ポンプはペニスにかぶせたシリンダー内の空気を抜いて、負圧にするために使います。 さらに、ポンプには手動と電動のものがあります。

一般的なペニス増大ポンプは、空気を吸い出して使うのですが、
一部の増大ポンプはシリンダー内を水で満たして使うものがあります。

水で満たして(水中で)使うものは、水圧を利用してペニスを吸引するので、 ペニスにバランス良く負圧が掛かるとも言われています。

ペニス増大ポンプは、有名なペニス増大グッズではありますが、 元々は勃起不全の治療に使われたといわれています。

ペニス増大ポンプを使えば、強制的にペニス内に血液を送り込んで、 ペニスを勃起させることが出来るからです。 その状態で、ペニスの付け根にコックリングを使用すれば、ペニスの勃起状態が保てます。

もちろん、長時間勃起させたり、全く自力で勃起しないのであれば意味ありませんが、 挿入すればそれなりに硬くなる人などには、良い補助装置となります。

ペニス増大ポンプは使える環境が必要

有名なペニス増大グッズなので、ペニスを増大しようと思ったとき、
最初に買ってみようと興味が出る人が多い増大グッズです。

ですが、生活環境において、ある程度の条件を満たしていないと、
ペニス増大ポンプを使用するのは難しい
かもしれません。

と言うのは、「どんなペニス増大ポンプも商品が比較的大きい。」
「使う場所が必要。」「使った後に清掃しなくてはいけない。」など、
これらのことが複雑に絡み合ってくるからです。

ちなみに、先に書いてしまいますが、1人暮らしであれば、
これらの条件は一発クリアーできますので、問題なく使うことができます。

まず、ペニス増大ポンプのシリンダーは比較的大きく、それにポンプやホース、
パッキンなどの付属品もありますので、保管場所が確保する必要があります。

使う場所も自分専用の個室や家で1人になれる環境が必要です。
同居人がペニス増大ポンプの存在を知っているので、あればこの限りではありませんが・・・。

使った後、ローションなどで汚れた、ペニス増大ポンプのシリンダーを洗わなければいけません。
なので、水道など水が使えることも条件になります。

ペニス増大ポンプの使用時間は、人それぞれ違いますが、
15分~30分で2セット使うのが主流のようです。

これ位の時間ペニス増大ポンプを使える環境があり、
最後に洗うことが出来る生活環境が必要
になります。

ローションを使うので、使用場所として浴室が良いのですが、
家族と同居しているのであれば、浴室にペニス増大ポンプを持ち込んだり、
1時間以上も浴室を占領するのは、少し難しいかもしれません。

ペニス増大ポンプの購入を考えているのであれば、まずはペニス増大ポンプを
使える生活環境にあるのかどうかを考えて見て下さい。

ペニス増大ポンプの使い方と効果的な使い方

ペニス増大ポンプの使い方は非常にシンプルで、シリンダー内にペニスを挿入して、
シリンダーの空気を抜き、ペニスに負圧の力を掛け、
強制的にペニスを膨張させたり、引っ張ったりします。

ですが、何も考えず使うと、効果を得られないばかりか、ペニスに怪我をしてしまうこともあります。

ペニスを大きくするためには、ペニス増大ポンプを正しく使わないと、
なかなかペニスを大きくすることは出来ないのです。

シリンダーのサイズ選び

完全なジョークグッズである格安のペニス増大ポンプは論外なのですが、 ちゃんとしたペニス増大ポンプを購入使用と思うと、シリンダーのサイズがいくつかあることに気が付くと思います。

実は、このシリンダーのサイズが、あなたのペニスサイズに合っていないと、全くペニス増大をすることが出来ません。

シリンダーのサイズは、あなたのペニスの直径から数ミリ大きいものを選びます。 大きすぎるとフグと呼ばれる状態になるだけで、全くペニスは増大しませんし、 使っている最中に睾丸まで吸われて痛い思いをします。

直径がピッタリサイズか数ミリ大きいものを選ぶことで、ペニスが長くなったり、太くなったりするのです。

ペニス増大ポンプにおいて、このシリンダーサイズが最も重要なことなので、 しっかりペニスを計測し、シリンダーのサイズを選んで購入して下さい。

シリンダーのパッキン

シリンダーに最初からパッキンが付いてくることもありますが、 多くの人が最終的に「まんぽこりん」などの簡易オナホールを使うことが多いです。

シリンダーとペニスの付け根の密着を良くし、体の痛みを抑える役目をするパッキンですから、 適度の弾力や柔軟性などが求められるのです。

パッキンを使わずにペニス増大ポンプを使うツワモノもいますが、 かなり痛くなるのでパッキンは必ず必要だと思ってください。

ペニス増大ポンプの購入時に、パッキンが付いていなければ、 パッキンやパッキンの代わりになるものも一緒に購入しておきましょう。

フグ対策

ペニス増大ポンプを使い出し、一番最初に直面する問題が「フグ」と呼ばれる カリ下部分がブワブワと水ぶくれしたかのように膨らんでしまう現象です。

そして、ペニス増大ポンプを使う人が、ずっと対策に頭を悩ます部分でもあります。

ペニス増大ポンプに限らず、チントレをしていてペニスの血流を止めるような行為をすると、 フグ減少は多かれ少なかれ起きますが、もっとも起きやすいのがペニス増大ポンプなのです。

フグになること事態は、そこまで深刻な問題ではありません。 痛み等もありませんし、通常のフグ状態であれば、1日あれば元通りに治ります。

ですが、フグ状態のままチントレを続けたり、尋常ではないフグ状態になってしまうと、 包皮が伸びてしまうとも言われているので、多くの人がフグ対策をするのです。

フグは体質でなりやすい人となりにくい人がいると言われているので、 ポンプの吸引時間とフグの状態などは、自分で探りながら判断する必要があります。

また、チントレを続けていると、フグになりにくくなるとも言われていますので、 無理せず徐々に慣らしていくことで、フグ対策もシビアなものでなくなるかもしれません。

ペニス増大ポンプにおけるフグ対策の代表例がテーピングです。 使うテープは何でも良いのですが、多少伸縮性があるものが良いです。

くっつくテープ、ビニールテープ、伸びるテーピング、ラップ、シリコンテープなど、 チントレしている人達はさまざまな工夫をしています。 使用感などの個人差がありますので、まずは使ってみるしかないでしょう。

テーピングするときは、フル勃起状態にし、ややきつめに巻くと良いです。 ただし、テーピングのノリが強力だと、はがした後もベタベタとノリが残ってしまったり、 ペニスの包皮がかぶれることもあるので注意してください。 ノリ対策にラップを巻いてからテープを使う人もいます。

もう1つのフグ対策が、簡易オナホールなどをカットし、亀頭下、カリの部分に装着する方法です。 テーピングと全く同じ理屈ですが、こちらはポンプで吸引する時にズレてしまうことがあります。 また、良い素材が見つからないことも多いです。

パッキンと同じ簡易オナホールを使用する方が多いのですが、 テーピングのようにしっかり対策出来ないことが多いので、条件がマッチしないと効果が微妙です。 ただし、良い素材を見つけ、しっかりと対策できれば、テーピングよりも装着が楽になります。

使う時間と吸引力は状況をみながら!

ペニス増大ポンプは15分~30分で1~3セットを実践している人が多いです。 ですが、ここには吸引力、負圧がそれぞれ違うと言う問題があります。 同じ15分で2セットでも、吸引力に差があれば、ペニスに掛かる負担は全く違います。

ペニス増大ポンプで気を付けたいのが、フグ状態なのですが、もう1つ亀頭の怪我があります。 亀頭は包皮に守られていませんし、粘膜のような状態なので、非常に怪我をしやすいです。 ペニス増大ポンプを使っての怪我だと、内出血があり、ひどくなると出血します。

内出血は時間とともに治ることも多いですが、亀頭に黒い跡として残ってしまうこともあります。 なので、内出血などさせないように、弱い吸引力と短い時間で様子を見ながら、 ペニスの吸引をしていく必要があります。

また、ペニスの一部分だけが黒ずんでしまったり、全体的にペニスが黒くなっていくこともあります。 ペニス増大ポンプを使う場合には、亀頭やカリ部分のフグだけではなく、 ペニス全体を良く確認し、怪我などないように慎重にトレーニングを進めてください。

ペニス増大ポンプの増大効果は?

一番気になるペニス増大ポンプの増大効果ですが、正しいやり方で
ペニス増大ポンプを使い続けても、成果が出る人は一部の人だけです。

これは他のチントレでも言えることなのですが、チントレの方法がその人に
合っている合っていないがあるので仕方ないのです。

ペニスの増大量は使っている年数などによって違うようですが、
これも驚くほど大きくなるわけでもありません。
1年使って1cm以上大きくなれば上出来とも言えるかもしれません。

また、ペニス増大ポンプだと、長さより太さが大きくなるイメージがありますが、
実際は長くなるだけで、太くならないケースが多いです。

「シリンダーを太くすると太さに効く!」などと一部で言われていますが、
包皮で吸引力がほとんど吸収されてしまっているようで、太さを出すのは難しいのです。

ペニス増大ポンプで増大を成功させたり、増大量が大きい人は、
ペニス増大サプリを飲んでいるという共通点があります。

全員ではありませんが、「3ヶ月で3cmも長くなった!」
「1年掛かったけど5cm以上デカくした。」など
ペニス増大サプリを飲んでいる人の成功例には圧倒されます。

ペニス増大サプリをまゆつば物と捕らえ、嫌っている人もいますが、
チントレ全般の成功率の高さを考えれば、ペニス増大サプリの併用は必須です。

数千円程度のいかにも怪しいペニス増大サプリは、飲む意味が全くありませんが、
効果を実感している人が多いサプリなら、それだけでも増大を実感できる可能性があります。

ペニス増大サプリでペニスを増大しやすい体作りをし、チントレでペニス増大を促す。
これは実際に理にかなっているので、成功例が多い方法であっても納得なのです。

これからペニス増大ポンプを始めてみようと思っていたり、
チントレをしようと思っているのなら、ペニス増大サプリの購入も忘れないでください。

日々コツコツ続けることで、怪我もなくペニスは大きくすることが出来ます。
多少時間がかかっても、諦めずに続けることを忘れないでください。

チントレやペニス増大サプリと相性がマッチしたとき、
きっとペニスはグ~ンと大きくなりますよ!

ページのトップへ戻る