ペニス増大方法~チントレとペニス増大サプリで短小包茎改善!~

ペニス増大ペニス増大Q&A睡眠時間は増大に影響する?

睡眠をしっかりとってペニス増大

昔から寝る子は育つといいますが、睡眠をしっかり取る子供はそうでない子供と比べて、
身体の成長が優れていることは医学的にも証明されています。

成長ホルモンを始め、身体を作り上げるための様々な物質が、
睡眠中は分泌されて成長が促進されます。

そしてこのような身体の働きは、決して子供の頃のみに適用される話ではありません。

成人後も睡眠は健康な身体を作り、維持していくためには重要です。
そして、実はペニス増大にも非常に重要な要因となっています。

前述の通り、睡眠中は内分泌系の働きが活性化し、
様々なホルモンの分泌が促進されています。

その中でも、ペニス増大にとって重要となるのは、成長ホルモンとテストステロンです。
成長ホルモンは、ご存じの通り骨格や筋肉などの成長を司るホルモンであり、
ペニスの組織の成長にも関わってきます。

この成長ホルモンは重要な存在なのですが、成長ホルモンさえたくさん分泌されていれば、
ペニスが自然に成長するというわけではありません。
成長ホルモン以上に重要ともいえるのがテストステロンです。

テストステロンとは、一般的に男性ホルモンと呼ばれている性ホルモンで、
男性器の機能と形成に関わっています。

テストステロンが少なければ、性機能が低調になり、性欲自体も減退してしまいますし、
勃起もしづらくなってしまいます。
また、ペニスの活性が失われて、成長不全にもなってしまいます。

したがって、ペニスの見た目、機能ともに、力強さを得るためには、
テストステロンが非常に重要だというわけです。

しかしながら、テストステロンは他の性ホルモンとバランスを取って存在しています。
男性の体にも女性ホルモンは存在しますが、それらホルモンと男性ホルモンは拮抗関係にあり、
どちらかを考え無しに増やせば、内分泌系全体のバランスが崩れてしまいます。

なので、性ホルモンの分泌は厳格に管理されており、
分泌されるべきタイミングでしっかり分泌されないと、挽回することが難しいのです。

そして、その分泌されるべきタイミングこそが睡眠中なのです。

睡眠中というのは、数少ない成長ホルモン、男性ホルモンが分泌される機会であり、
その機会を逃し続けると、他で埋め合わせがしにくいのです。

ペニス増大に限らず、勃起力など男性の性機能に関する向上を望むならば、
決して睡眠をおろそかにしてはなりません。

寝ることで起きる朝立ちですら、「寝ている間にペニスのメンテナンスをしている。」
なんて考えられているのですから、しっかりとした睡眠は必ず必要だと考えましょう。

睡眠時間の少ない人は、睡眠時間を改善することから、
ペニス増大の準備を始めてみると良いかもしれません。

ページのトップへ戻る