ペニス増大方法~チントレとペニス増大サプリで短小包茎改善!~

ペニス増大 ペニス増大サプリの知識メンズサプリの選び方

増大サプリ、精力剤選びで、知っておくべき注意点とは?!

ペニス増大や勃起力向上などが目的のペニス増大サプリや精力剤などの「メンズサプリ」は、
通販で数多く販売されているので、どれを購入すれば良いのか悩んでしまいます。

サプリは人との相性があるので、あなたにとってどれが一番効果を得られるサプリなのかは、
実際に飲んでみないとわからないところがあります。

とは言え、購入して試すなら、少しでも効果を得られやすいサプリを選びたいものです。

誰が飲んでも効果を得られやすいサプリ選びは、選び方のポイントを知ることで可能となります。
難しいものではないので、その見分け方を以下で紹介します。

紹介する前に、覚えておいて欲しい注意点があります。
それは、販売されているメンズサプリには、効果を考えて作られいるサプリと、
利益だけを追求して販売されているサプリが存在する
と言うことです。

効果を考えず利益のみを追求するなど、理解に苦しむ事実ではあるのですが、
メンズサプリだけではなく、販売されているサプリメントの中には、
このような悪質なサプリがあります。

当然、効果のことを考えていない悪質なサプリですから、いくら飲んでも
効果を得られる可能性はゼロ
に等しく、お金と時間を無駄に費やしてしまうことになります。

そんな悪質なサプリを購入しないためにも、メンズサプリの失敗しない選び方を以下で紹介します。
少し長いかもしれませんが、安全安心で効果をたらす可能性が高いサプリを
購入したいと思う人は、簡単にでも全てに目を通し、是非参考にしてください。

自分で選ぶ時間が無い方は、別ページの比較ランキングから選んで下さい。 以下で説明する内容を全てクリアーした、 悪質なサプリを買ってしまう心配が無い、ハイレベルなサプリだけのランキングです。

買ってはいけない悪質サプリの見分け方は?

買ってはいけない悪質なサプリとは、効果ではなくコストを優先させたサプリです。

コストを優先させたサプリの中身には有効成分がほとんど配合されておらず、 賦形剤や添加物などの原材料でかさ増しがされています。

なぜならば、賦形剤(ふけいざい)や添加物は有効成分に比べて安価ですので、 非常に安くサプリを製造することが出来るからです。 (賦形剤や添加物については、下記で詳しく解説)

サプリメントを作る上で賦形剤や添加物は必要なものです。 ですが、有効成分をわずかしか配合せずに、残りの全てを賦形剤や添加物にする必要性は、 コスト削減以外には考えられません。

では、賦形剤や添加物でかさ増しがされているかどうかは、
どうすれば見分けることが出来るのでしょうか?

メンズサプリの場合、配合率が企業秘密であるケースが多く、
配合量まではわからない商品が多いのですが、JAS法の原材料記載基準がありますので、
そこに注目することで判断することが出来ます。

JAS法では、配合量の多い成分から順番に原材料名を記載することになっています。
なので、賦形剤が先頭で記載されていないかを確認
すれば良いのです。

例えば、シトルリンが主成分の場合、通常でしたらシトルリンが一番最初に記載されています。
ですが、悪質なサプリは「セルロース」や「デキストリン」などと言った、
賦形剤がシトルリンよりも前に記載されています。

この様に先頭に賦形剤や添加物が先頭に記載されているサプリは、
悪質なサプリの可能性が高いと判断できます
ので、購入は控えてください。

ちなみに、添加物は配合量に関わらず、他の原材料よりも後に記載されます。
アルギニンやビタミン類も添加物扱いになるので、表記では後ろの方になっていることがあります。

サプリ製造に必要な賦形剤と添加物

ほぼ全てのサプリメントの中身は、有効成分、賦形剤、添加物で作られています。

サプリメントは何らかの効果をもたらす有効成分を摂取するものですが、
商品として製造する上で、どうしても有効成分以外のものが必要になってきます。

有効成分以外に必要なものとは、成分を固めたり、成分の流動性を上げて
製造しやすくしたり、味や色を付けたりするために使うもの
です。
そして、これらを賦形剤(ふけいざい)や添加物と言います。

有効成分では無いので、「賦形剤や添加物は不要だ!」と言いたいところですが、
サプリメントを商品化するうえで、賦形剤や添加物を一切使わないと言うのは難しいのです。

簡単なところだと、粒状のサプリメントなら、粒状に固める成分。 カプセルタイプなら、カプセル自体が賦形剤です。 こう聞くと仕方ないと納得せざるおえませんよね。

でも、それなら「粉のままの粉末タイプであれば、賦形剤も添加物もゼロに出来るのでは?」 そう思う方もいるかも知れませんが、「湿気で固まってしまう。」 「成分がパウダー状であまりにも細かいと舞ってしまい飲むことが出来ない。」など、 むしろ粉末タイプの方が、賦形剤をゼロにするのは無理に等しいのです。

本当に賦形剤や添加物なんて入っているの?

そう思った方は、手元にあるサプリメントの原材料を確認して下さい。

トレハロース、結晶セルロース、ステアリン酸Ca(カルシウム)、デキストリン、微粒酸化ケイ素、
二酸化ケイ素、還元麦芽糖、酸化チタン、ゼラチン、グリセリン、カラメル

これと同じ表記、もしくは似たような表記があれば、賦形剤や添加物が入っています。
成分を単体で販売しているサプリで確認するとわかりやすいです。
(シトルリンなら、シトルリンだけが有効成分のサプリメント)

大手会社の製品で、たまに「混ざり物ナシ!」「賦形剤ゼロ」などと言っているサプリがありますが、
原材料を見ると、賦形剤や添加物が普通に入っているケースが多いです。
何を基準に言っているのかわかりませんが、紛らわしい表現はやめて欲しいものです。

カプセル以外の混ざり物一切ナシ、中身が有効成分100%のメンズサプリ!

さて、こんな風にサプリの製造には欠かせない賦形剤や添加物なのですが、
体には良くないものなのでしょうか?

賦形剤も添加物も、基本的に安全性の高いものですので摂取しても問題はありません。
食品由来のものも少なくないので、賦形剤、添加物というもの自体に、
過剰に反応する必要はありません。

ただ、サプリ1錠に詰め込むことが出来る成分量は決まっていますから、
有効成分が多く、賦形剤や添加物が少ない方が良い
に決まっています。
安全だから賦形剤が多くても良いなんて話にはならないのです。

原材料の記載を見て、一番最初に賦形剤があったら、
そのサプリは絶対に購入はしないでください。

賦形剤や添加物で、かさ増しされたサプリに注意する!

海外のメンズサプリは危険なのか?

海外で企画製造販売されているサプリを、国内に輸入してきて販売しているもの。
日本国内で企画販売されていても、海外で製造されているもの。
つまり、海外で製造されている商品を、以下すべて海外サプリと位置づけて話を進めます。

たまに、海外のメンズサプリで、勃起薬のような効果が得られると
一部で話題になっているものがありますが、それらほぼ全てのサプリに、
国内では薬品指定されている成分や、そもそも人体に悪影響を及ぼす可能性があり、
国内では規制されている原材料が配合されている
と考えて良いでしょう。

海外の法律と日本の法律が違うため、サプリに配合される成分の許容範囲が違うのです。
なので、海外のサプリを摂取するのは、配合成分の面で危険性があるのです。

国内で製造すると、日本の法律に基づいて製造されるので、
日本で許可されていない成分は、当たり前ですが使用できません。

それに、国内の工場で製造されているサプリメントであれば、JAS法の基準を守っているので、
原材料の記載を見れば、危険な成分が入っているかどうかすぐにわかります。
そもそも、記載の義務があるのですから、
危険な成分が入っているようなことは、まずありえませんが・・・。

ですが、海外で製造されたサプリは、JAS法を守っているわけではありません。
なので、海外生産のサプリは、全ての原材料が記載されているとは限らない
のです。

使用禁止の成分を使っている可能性があるだけではなく、
その成分を配合していることを、記載していない可能性があるのです。
つまり、知らず知らずに危険な成分を摂取してしまうこともあるのです。

効果と引き換えに危険な成分を摂取するのも嫌ですが、 効果も無いのに危険な成分を摂取し続けるリスクさえあると言うことになります。

この様な理由から、海外工場で生産されている海外サプリは避けた方が無難です。 サプリメントは3ヶ月以上は試すのがセオリーです。 なのに、何が入っているかわからないものを、長期間飲み続けるなんて恐ろしいことです。

国産でも効果の実感率が高く、評判の良いのメンズサプリはあります。
なので、国内工場で生産されているサプリの中から、選んで試すように下さい。

海外で製造されたサプリは、国内基準を満たしていないので、 危険な原材料や成分が配合されている可能性がある。

配合成分、比率、摂取量で効果が変わる!

サプリの効果を、「濃度」「配合数と配合量」「成分同士の相乗効果」に分けて解説します。

同じ成分でも濃度が違う!

サプリメントに使われる原材料には、同じ成分でも濃度に差がある場合があります。
全ての成分に濃縮物があるわけではないのですが、成分によっては濃縮が可能なものがあり、
成分の濃度が違ってくる
のです。(シトルリンなどは濃縮物はありません。)

同じマカと言う成分でも、「マカ」「マカ末」
「マカエキス末」では濃縮度合いが違い、濃度が全く異なる
のです。

濃度の濃さは、「マカ → マカ末 → マカエキス末」の順に濃くなります。
「無印」よりも「末」の方が濃縮されていて、さらに「末」よりも「エキス末」の方が、
より濃縮されていて濃い
のです。

濃度の違いは、同じグラム数のときに差が出ます。
当然、濃度が濃い方が、何倍もの効果を期待できるのです。

サプリは限られたスペースの中に、様々な有効成分が詰め込まれています。
なので、エキス末のように少ないグラム数で、より高い効果を期待できる原材料が
多く配合されているサプリの方が、そうでないサプリよりスペックが高い
と判断できます。

無印の原材料よりも、末、エキス末は高価になります。特にエキス末は非常に高価です。
コストのことを考えれば、製造側はエキス末なんて使いたくないでしょう。
ですが、得られる効果を真剣に考えて製造していれば、エキス末を使うのが自然なのです。

1つの成分だけエキス末を配合しているのではなく、
いくつかの成分で末やエキス末を使っているようなサプリは、効果を本気で考え、
開発、製造、販売をしている
と考えて良いと思います。

惜しみなく濃縮成分が使われているサプリは非常に少ないのですが、
試すのならそんなサプリを探し出して購入して下さい。

配合数と配合量による効果

濃縮原料と考え方は同じですが、限られたスペースに成分は詰め込まれるので、
配合できる成分数と量には限りがあります。

最近は100種類とか、200種類とか、すごい数の成分を配合しているサプリもありますが、
1つずつの成分の配合量がわずかなのではないかと疑問に思ってしまいます。
それに、そもそも成分数はそんなに必要ないだろうとも思うのです。

多くの成分が配合されていると、なんか得した気分になり、
良いサプリだと勘違いしてしまいますが、成分の配合数と効果は全く関係ありません。

むしろ、たくさんの種類の成分が配合されていると、物理的にそれぞれの
配合量が全く足りず、効果を期待出来ないケースの方が多い
でしょう。

各サプリによってコンセプトが違いますから、一概に言えるものではありませんが、
有効成分の配合数は、少なすぎても多すぎてもダメだと思います。

増大や勃起力のことを考えたら、5種類以下の有効成分では少なすぎますし、
50種類を超えてくると多すぎる
と思います。

一度に摂取できる錠数でも違ってきますが、あまりにも多い成分の配合数は、
どうしても個々の成分の摂取量が足りなくなります。
かと言って、配合成分数が少なければ、相乗効果を期待できないので、
そもそもメンズサプリとしては成り立たないでしょう。

各成分の相乗効果を考えて、必要な成分を適量配合すると考えれば、
必然的に配合される成分数は少なくも膨大にもにはならない
と思います。

メンズサプリの配合成分数が膨大であればあるほど、
逆に期待できる効果は薄まっていきます。

効果を期待したいなら摂取量の面からも、
適切な成分配合数で作られたメンズサプリを選ぶことが大切です。

相乗効果でサプリの効果に差がつく!

メンズサプリに配合されている成分は、個々の成分の力で男性機能の悩みを
解消する目的のものと、相乗効果を期待して配合されているもの。
そして、その両方を担うものがあります。

特に相乗効果が上手く活用されているサプリは、実感率が非常に高くなる傾向があります。
ひとつの成分の力だけでは、どうしても実感率が低いのですが、相乗効果は足し算ではなく
掛け算になりますので、相乗効果が上手く機能していると実感率が跳ね上がる
のです。

しかし、しっかり相乗効果を考えて作られているメンズサプリは少ないです。
もしくは、考えていても上手く相乗効果を引き出せていないサプリが多いです。

相乗効果を引き出すのに重要なのは配合率で、メンズサプリの肝となる部分です。
効果を実感している人が多く、人気となっているメンズサプリは、
配合率が優秀で相乗効果を存分に発揮できている
のです。

メンズサプリですから、主成分にシトルリンやアルギニンが使われているものが多いです。
この二つの成分はただ配合しただけでは、十分な効果を発揮してくれません。

なぜならば、アルギニンの効果を存分に発揮させるためにシトルリンが配合されているのですが、
シトルリンが少なくてもダメですし、アルギニンが少なくてもダメなのです。

この2つの成分の絶妙な配合比率が成り立たなければ、効果の実感率は上がらないのです。

さらに、シトルリンとアルギニンに影響を与える成分。
または、アルギニンに変換する、もしくはアルギニンが含まれている
動物性の成分を配合している場合、それらも考慮しての配合比率が重要になります。

このように、メンズサプリはシトルリンとアルギニンが配合されていれば良いわけではなく、
それぞれの配合量、そしてそれらを取り巻く配合成分の種類と量が大切
になるのです。

こうしてちょっと考えただけでも難しそうですが、実際にはかなり難しいと思うので、
世の中で相乗効果を実現できているサプリは非常に少ないのが現状です。

各成分の働きを考慮して、相乗効果を考えて製造されているサプリを選べれば、
あなたが悩みを解消できる可能性はかなり高くなる
と思います。

尚、既に体験済みの方もいると思いますが、上記のような理由で、
シトルリンやアルギニンを単体で摂取しても、効果を実感出来る確率は非常に低いです。

なので、成分単体のサプリを飲むような無駄なことはせずに、
効果の高いメンズサプリを飲むようにしてください。

成分の濃度、配合量、配合数、相乗効果、これらが大切なことは理解してもらえたと思います。

個々の成分の働き、相乗効果を理解した上で、効果を発揮できるだけの十分な摂取量が、 サプリメントで設定されている1日の推奨摂取量(錠数)になっている。

限られたスペース(錠)の中に成分を詰めるため、配合量が少なくても大丈夫なように、 そしてより効果を発揮できるようにと、高濃度の成分を配合しているサプリを選ぶ。

上記のポイントのような条件を満たすのが、 あなたが求めている効果を期待できるメンズサプリです。

この様な条件を満たすサプリは非常に少ないですが、当サイトの分析では、
下記のサプリは条件を十分に満たしていますので、興味があれば試してみて下さい。

黄金の配合比率で相乗効果を存分に発揮高濃度成分を多数使用1日4カプセルで摂取量十分、 なのに、他のメンズサプリと価格帯が一緒でお得。更に今ならキャンペーン中のようです。

打錠、カプセル、ソフトカプセル、それとも粉末?

サプリの選び方にこだわるのなら、サプリのタイプにも注意したいところです。
このページ内で散々書いてきましたが、サプリには賦形剤や添加物が配合されているからです。

ほとんど賦形剤や添加物で出来ているような悪質なサプリでなくても、
サプリメントのタイプで賦形剤の使用量が変わってきます。

サプリメントには、打錠(粒状の錠剤)、カプセル、ソフトカプセル、粉末があります。
この中で賦形剤や添加物が一番多いと考えられるのがソフトカプセルです。

ソフトカプセルは成分の吸収を優先させ、液体のままソフトカプセル内に成分を閉じ込めています。 ですが、そもそも液体だから吸収が良いと言うのは安易な考えです。

成分は腸で吸収されるものですから、どんなタイプのサプリでも、 腸に届くまでには吸収されやすい状態になっていると考えられるので、 吸収率の差はあまり無いのです。

それよりも、ソフトカプセルの皮膜は厚いので、
ソフトカプセルに使用する原料(賦形剤)の割合は多くなる傾向があります。

また、元々液体の成分は良いですが、粉末のものはオイルに溶かして液状にします。
そのオイルもまた賦形剤や添加物です。

正直、ソフトカプセルのサプリメントのメリットが見つかりません。
ソフトカプセルは元が液体の成分を、粉末化するコストを削減するために開発されたなど、
元々製造側の都合により作られたもの
なので、
それを知ってから個人的に信用出来ないと言うのもあります。

いずれにして、ソフトカプセルのサプリメントのメリットを見出すことが出来ないので、
ソフトカプセルのサプリは、購入を控えておいた方が無難です。

次に賦形剤や添加物が多いと考えられるのが打錠です。 打錠のサプリメントは、粉を固めるための成分が必要になりますので、 必然的に賦形剤や添加物が多くなります。

それでも、ソフトカプセルよりは打錠の方が良いと思いますが、 カプセルタイプの方が、更に賦形剤や添加物の面では優れていると思います。

最後にカプセルタイプです。
カプセルタイプはカプセルが賦形剤や添加物扱いになるのですが、
その他にもカプセルに成分を詰め込みやすくするために、いくつかの賦形剤を使用しています。

ですが、この詰め込む作業は、工場の技量による差が大きいです。 詰め込み作業が上手な工場であれば、賦形剤は少ないですが、下手な工場だと賦形剤が多くなります。 そして、とても優れた工場であれば、カプセル内の賦形剤をゼロにすることも出来るのです。

商品(製造工場)によっての違いはありますが、カプセルタイプのサプリが、 賦形剤や添加物などを一番使わずにサプリ製造できると考えられます。

カプセル以外の賦形剤や添加物ゼロ「ゼノシード!」

最後に粉末タイプは、一見、賦形剤や添加物は少なそうに思えます。 ですが、飲み安く顆粒にするためのコーティング、味や臭い付けなど、 賦形剤や添加物を粉末タイプは意外と多く必要とします。

飲みにくさもありますし、実際に販売されていないことを考慮すると、
粉末タイプを商品化するにはデメリットが多すぎるのでしょう。

可能であればカプセルタイプを選び、妥協しても打錠のサプリを選んで下さい。

メンズサプリの選び方、ここまでのまとめ!
  • 賦形剤は体に悪いものではないが、賦形剤や添加物ばかりで、 有効成分がわずかしか入っていない、コストを優先させたサプリは選ばない。 (原材料名の表記順で判断可能)
  • JAS法が適応されていない海外工場製造のサプリは、 危険な成分が入っている可能性があるので選ばない。
  • 「配合成分の種類、配合成分の濃度、配合比率、配合量」が適切なサプリを選ぶ。 具体的には、配合成分が5~50種類。成分に末やエキス末が多い。 配合比率は相乗効果が考慮されている。摂取量が適切。
  • 賦形剤や添加物を少なくでき、有効成分が多く配合できるカプセルタイプのサプリを選ぶ。

メンズサプリの価格はどれくらいが妥当?

メンズサプリと一括りにしても、配合成分数から配合量、中身の質まで様々なので、
販売されている価格も幅広いです。

成分がひとつだけの単一成分のサプリは、比較的安価に購入できますが、
成分同士の相乗効果が得られないので、これはメンズサプリとは言えません。

複数の成分が配合されているメンズサプリの場合ですと、
1箱(1ヶ月分)で、最低価格帯は5千円程度で、最高価格は10万以上です。
そして、一番多い価格帯が、1万2千円~2万円強です。

世間的に人気のあるメンズサプリは、この1万2千円~2万円強にほとんど当てはまります。
メンズサプリの原価や利益などの詳細を知ることは出来ませんし、配合成分の質や希少性などで
価格も変わると思いますが、適切な価格設定をするとこの範囲に納まる
のだと思います。

なので、効果のことを考えて製造されている優良なサプリの場合、
1ヶ月分で1万数千円前後が妥当な価格
になると判断できます。

配合されている成分によっては、価格がもっと高価になると思いますが、
1万円を切るような安いサプリは、使用成分から考えて購入する価値がないのはハッキリしています。

ひとつ注意したいのが、1箱で1ヶ月分のメンズサプリが多いのですが、
1箱が1週間分や10日分だったり、20日分などの中途半端な錠数で販売されている商品があることです。

1箱に何錠入っていて、推奨されている1日の錠数が何錠なのかを確認して下さい。
わからない場合は、1箱あたりの錠数が30で割れるかで判断してください。
10錠や20錠であれば、10日分や20日分です。

キャンペーンで安く買う!

メンズサプリは割引や箱数上乗せのキャンペーンを良くやっています。 割引はそのままの意味で、商品を割引価格で購入できます。

箱数上乗せは、「2箱以上買うと1箱オマケでもらえる。」などの内容です。 1ヶ月分で1万円以上するのですから、1箱のオマケはかなりお得です。

各メンズサプリで、キャンペーンの内容や期間は違いますが、 購入を検討しているサプリがキャンペーンをしているようであれば、 早めに決断した方が良いかもしれません。

余談ですが、なぜ1箱オマケのようなキャンペーンをやっているのだろうと考えたのですが、
製造コストを抑えるためだと予測できます。

ご存知だと思いますが、サプリに限らず大量生産すると、商品のコストを抑えることが出来ます。
なので、一番の理由はこれだと思うのです。

ちまちま少数作るとコストが掛かる。大量生産だと売れ残ってしまい逆にコストが掛かる。
でも、一度に大量に作ることでコストを抑え、1箱オマケにすれば、買ってくれる人も増える。
商品もさばけるので、売る側も買う側もお互いに嬉しい。

勝手な想像ですが、こんな感じでしょう。
いずれにしても、サプリは3ヶ月以上試すのが通常です。
なので、1箱でも多くもらえるのは、得することはあっても損することはありません。

購入検討しているサプリが複数あり、どれを購入するか決めかねているのであれば、
このようなキャンペーンをしている商品から試すのもありだと思います。

1箱(1ヶ月分)が1万~2万円程度であれば妥当な価格設定。 ただし、使われる成分によっては、もっと高価になることもあるが、逆に安いのは効果が期待できない。 キャンペーンはとてもお得に購入できるので逃さないようにする。

販売サイトの安全性を判断する!

最後にメンズサプリとは直接関係ありませんが、販売サイトのことを書いておきます。
と言うのも、メンズサプリは大手通販サイトで売られていることが少なく、
販売サイト自体の安全性を判断する必要性があるからです。

とは言え、販売サイトの安全性を判断するのは、比較的簡単です。
その方法は、「販売サイト上でクレジットカード決済が選択できるか確認する。」だけです。

ひとつの判断基準ではありますが、クレジットカード決済が使えると言うのは、
しかるべき審査に通過している
と言う証です。
つまり、信頼できる会社が運営していると言うことになります。

特定商取引のページを確認することで判断しようとする人がいますが、
特定商取引のページを記載しているのは販売サイトの運営者なので、場合によっては
嘘偽りを記載することも可能
となり、全てが正しいとは限りません。

もちろん、通常は特定商取引のページは正確に記載されていますが、
第三者の目が入っている部分で確認する方が、信頼度は格段に上がります。

なので、クレジットカード払いができる販売サイトであれば、
安心して購入が出来ると判断して良い
のです。

ちなみに、ここで説明しているクレジットカード決済とは、
購入時にクレジットカードの番号を打ち込みネット上で支払いが完結するものです。
代引きで購入して、宅配業者にクレジットカードで支払うものではありません。

ひとつの判断材料ではありますが、様々なネットショップで使える簡単な判断方法です。
ネット通販でショップの信頼性に不安を感じた時には活用してください。

増大サプリ(精力サプリ)の選び方まとめ

賦形剤や添加物でかさ増しされ、有効成分がほとんど配合されていない悪質なサプリに注意する。

海外で製造されたサプリは、日本のJAS法に従っていないので、
危険な原材料が配合されている可能性がある。

各成分の働きや相乗効果を考慮し、成分の配合数や配合量を決めていると思われるサプリを選ぶ。
限られたスペースに成分を詰めなければいけないので、その様なサプリは
「末」や「エキス末」など、高濃度の成分を配合している傾向がある。

ソフトタイプ、打錠などのサプリよりも、カプセルタイプのサプリの方が、
賦形剤や添加物が少なく製造できると考えられるので、カプセルタイプを選ぶのが無難。

1箱(1ヶ月分)が1万~2万円程度であれば、メンズサプリとしては妥当な価格。
とは言え、使用成分が希少性が高かったり、高濃度であるとサプリ自体が高価になることもある。
しかし、逆に安いサプリは成分に期待が出来ないので、効果も期待できない。

キャンペーンの実施は、サプリをお得に購入できるので、
購入を検討しているのであれば逃さないようにする。

ペニス増大や勃起力回復などのメンズサプリを購入するときの選び方は以上です。

どんなサプリを選ぶのもあなたの自由ですが、全く効果が期待できない
悪質なサプリだけは購入しないように気を付けてください。

サプリ選びで失敗したくない人は、下記も参考にしてください。

ページのトップへ戻る